トップページ   サイトマップ 


平成26年度学術研究助成対象テーマ
平成26年8月
整理
番号
テーマ名 代表者氏名 所属団体名 助成額
(万円)
(1) ペクチンの再凝集性・難離水性を利用した
新規機能性食品の開発
望月 和樹 山梨学院大学院
医学工学総合研究部
准教授
231
(2) 調理条件の異なる米飯が摂食速度と咀嚼量に
及ぼす効果の節電位による定量的解析
神山 かおる (独)農業・食品産業技術総合研究機構
食品総合研究所
上席研究員
223
(3) 肥満改善のための安全な低炭水化物食摂取の
あり方に関する研究
山崎 聖美 (独)国立健康・栄養研究所
基礎栄養研究部主要栄養素研究室
室 長
185
(4) 中枢におけるL-カルニチンの食欲調整 黒瀬 陽平 北里大学
獣医学部
教 授
213
(5) 脂溶性ビタミンと循環器疾患危険因子との
関連についてのコホート研究
丸山 広達 愛媛大学大学院
医学系研究科
特任講師
231
(6) 糖の有機溶媒に対する過溶解現象を利用した
香気成分の糖類アモルファス固体中への
界面活性物質free固体分散化技術の開発
今村 維克 岡山大学大学院
自然科学研究科
教授
223
(7) プロテアーゼ処理で改善された
グルテンフリー米粉パンの性質に関する研究
本多 裕司 石川県立大学
生物資源環境学部食品科学科
准教授
185
(8) 亜鉛栄養改善による
健康増進のための基礎確立
神戸 大朋 京都大学大学院
生命科学研究科
准教授
231
(9) 食品が活性酸素・フリーラジカルを
消滅させる能力を評価する方法の開発
長岡 伸一 愛媛大学
理学部理工学研究科
教授
231
(10) 疫学研究における新たな食事の
曝露評価法開発に関する研究
石原 淳子 相模女子大学
管理栄養学科
准教授
231
(11) 新規活性ペプチド特定を基盤にした
大豆β-コングリシニンの脂質代謝改善作用の
分子機構解明
長岡 利 岐阜大学
応用生物科学部
シニア教授
231
(12) 糖尿病リスク低減食品開発を目指した
脂肪酸によるジアシルグリセロールキナーゼδ
の動態制御
板根 郁夫 千葉大学大学院
理学研究科
教授
185